by calme-ui
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
うるう日+三寒四温.
朝起きてビックリ。

明日は雪だよ~と聞いていましたが

ここまで降り積もっているとは思いませんでした。



f0209338_10215782.jpg











植木鉢の上にも
こんもり







f0209338_105255.jpg
天気予報によると、明日の最高気温は15℃。

3月4日の最高気温は℃。

その2日後、3月6日の最高気温は18℃。


三寒四温とはいえ、こんなに温度差があると

カラダがついていけるのか、、、



この大雪のことを全然気付いていない もずく。

でも、寒さは感じてるようで、ちんまるです。
[PR]
by calme-ui | 2012-02-29 00:00 | days
木の芽起こしの雨.
昨日は冷たい雨になりました。


季節が冬から暖かい春へと向かうこの時期に降る雨を

‶木の芽起こしの雨” というそうで

厳しい冬を懸命に耐えてきた木々に目覚めを促し、

梅や桜などの開花には欠かせない大切な雨だそうです。



我が家にはひと足早く、春の足音が聞こえてきました。



f0209338_159420.jpg























 ~ 啓翁桜(けいおうざくら)~




今、部屋の中は綺麗な花でいっぱいです。


昨日も、長野に住んでいる幼なじみのお友達が

「ぷうちゃんにあげてね‥」と、綺麗なお花を

長い時間をかけ、遠い所まで届けに来てくれました。


気持ちがないと、とてもできることではありません。



ぷうを亡くした哀しみは大きいけれど、

ぷうを亡くしたことで、人の優しさや温かさ、ありがたさ、

感謝の気持ちの大切さ、自分にとって家族やお友達の存在が

どれだけ大きかったのか 改めて気付くことができました。



そして、この世に生を受けた命。

人も、動物も、植物も全て、、、

今まで以上に命の尊さの重みを深く感じています。
[PR]
by calme-ui | 2012-02-26 00:00 | days
7日.
ぷうが天国に旅立ってから 7日。


もう7日なのか、まだ7日なのか

よくわからないまま、時間だけが経過しています。


15年間、ぷうと一緒に過ごしてきたこの部屋には

思い出がたくさん詰まっていて、部屋中どこを見ても

ぷうの姿を思い出してしまい 胸が苦しくなります。



生きているものには全て、永遠の命というものはなくて

いつか必ず 『 死 』 というものが訪れることは

頭ではわかっていても、今はまだその感覚が入ってきません。






今、家族やお友達が支えてくれています。

お花やお手紙をいただいたり、電話やメールで励ましてくれ

とことん話を聴いてくれて、一緒に涙を流してくれます。

その優しさに どれだけ支えられ助けられているか、、、


本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。


どうもありがとう‥





f0209338_214924100.jpg





























「 ぷうがいつも私の傍にいて 見守っていてくれる 」



そう信じて、心強くいきたいと思います。






f0209338_21593583.jpg






























もずくも毎日、私の目をじっと見つめています。

もずくも支えてくれてるんだね。


ありがと、もずく。
[PR]
by calme-ui | 2012-02-10 00:00 | dogs
ぷう 天国へ‥ 最期の時.

我が身を切り裂かれる思い、、

愛する我が子を亡くした母の気持ちというのは

こういう事なのでしょうか‥



私が身体を壊し、力を奪われそうになった時も

ぷうはずっと私の傍で支え続け、励まし続けてくれました。

私にとって、ぷうの存在はあまりにも大きく

かけがえのない大切なパートナーでした。




今はまだ、ぷうが天国に逝ってしまったというより

「いつも私の傍にいたはずの ぷうが、ここにいない‥」

ということだけです。





--------------------





2月3日 金曜日。


前日 2日の夕方頃から、少し元気がなかったのですが、

朝になったら ちゃんと朝ごはんを食べ、たくさんお水も飲んで

いつもと何も変わらない ぷうの姿にホッと安心していました。


耳の中をきれいにした後は、お気に入りの陽のあたる場所まで

歩いていき、もずくと一緒に 日向ぼっこをして、、






f0209338_127432.jpg





























この写真を撮った時、

こんなに早く逝ってしまうなんて

これっぽっちも思ってなかったよ‥

(am 11:45 撮影)






またいつものように、お昼ごはんを食べに

キッチンまで歩いてきたのですが、途中で足の力が抜け、

「どうした?ぷう?具合悪いの?」と、声をかけたのですが

徐々に呼吸がゆっくりになって、、、


そして、10分も経たないうちに呼吸が止まりました。


しばらく ぷうを抱いていましたが、

ぐったりと全身の力が抜けていくのがわかりました。


だんだん冷たくなっていく ぷうの体。

その状況を理解するまで、とても時間がかかりました。






絶対に ひとりぼっちで逝かないでね‥ 」


それだけは ずっと約束してきた事だから、

ぷうは ちゃんとその約束を守って

いつも寝ていた1番お気に入りの大好きな場所で

苦しい声も上げず、静かに眠るように最期を迎えました。


15歳7ヵ月でした。





昨年、尿路結石の病気でしばらく病院に通っていましたが

10月にはほぼ完治して、処方食から普通食になり、

実家で穫れた大好きなリンゴも食べられるようになりました。



誰にでも優しく、何をされても決して怒らず、そして我慢強く、

人の気持ちを理解できる とてもいい子でした。





ちゃんと私との約束を守ってくれたこと。


本当は辛くて苦しかったはずなのに

私に心配をかけないようにと、ぎりぎりまで

いつもと変わらない元気な姿を見せてくれて

穏やかに眠るように旅立ってくれたこと。


旅立つ3時間前に、妹の もずくと一緒に

最期の幸せな写真を撮らせてくれたこと。




ぷうが私にくれた、最期のギフトだったのかもしれません。







--------------------





15年間、ずっと ぷうを自分の家族のように可愛がってくれた

両親、義兄、姉、姪。そして、大切なお友達。

このブログを通して ぷうを見守ってくださったみなさま。


本当に本当に心からありがとうございました。





みなさんの温かい気持ちが嬉しすぎて、たくさん涙が出てしまうので

ごめんなさい、、 コメントは控えさせていただきますね。

もう少し心が落ち着いたら、近況をご報告いたします。

[PR]
by calme-ui | 2012-02-06 00:00 | dogs
カラカラ注意報.
空気が乾燥して 外も家の中もカラカラです。


風邪やインフルエンザ予防のためには

部屋の湿度を50%~70%にすると良いとされていますが

すきま風が入ってくる我が家は、加湿器をつけていても

せいぜい湿度は40%程度。


湿度を補うために 洗濯物は全て室内干しです。





f0209338_142807.jpg

























もずくの頭上に、わかめのように干された旦那君ジーンズ。








f0209338_1714104.jpg
























ぷう姉は最近、オナラがたくさん出ます。

人間顔負けの大きな音にビックリしてしまいます。


おととい、ぷう姉がおもいっきり 「ブッ」っとした後、

そばにいた旦那君が私の顔を見ました。


あの~ 私じゃないんですけどぉ、、、



のどかな 2月の始まりです。
[PR]
by calme-ui | 2012-02-02 00:00 | days