by calme-ui
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
悪夢再来?

おとといの悪夢から 丸2日。

今でもあの感触と気持ち悪さが残っております。


右ワキに消毒液を吹きかけ、除菌シートでゴシゴシ拭いてみましたが

どーにもこーにも拭い切れません。



Mrs.d 様より アドバイス(?)をいただき、

あの時のあの子は、、 そう! ティンカーベル

と、イメージトレーニングしてみましたが、


やっぱり、あの子は アブラセミ
Mrs.d さ~ん、やっぱり無理です~‥


昨晩は夜になっても気温が下がらず、一晩中 セミが鳴いていました。

おかげで寝不足です。




そして昨日、またあの悪夢か?と思われる出来事がありました。



セミの恐怖に怯えながら、ソロ~っとベランダに出てみたら


ジーー!ジジジジィィーーー!


ああ‥あの子が来る、 あああ‥きっと来るわ‥


ジジジジジィィーーーーー!!!!!




ぺト



セミが私の背中に見事着地。



ヒィ..


人間、恐怖がマックスになると声が出なくなるんですね。


ここで私がパニックになったら、セミがまた半狂乱になり

そしてまた、、




一瞬の判断で 『 ここは動かず、騒ぎ立てず。 』


しばらくモゾモゾと私の背中を徘徊したセミは

冷静に、そして何事もなく、無事 飛び去ってくれました。

こんな私でも学習能力があるようです。



「え~、そんな~。作り話でしょ~?」 と思われる方が

いらっしゃると思いますが、でもね、、 事実なんです。




f0209338_14364959.jpg




















我が家はセミ屋敷なのか、

彼らは、こんなところにまで勢力を伸ばしています。
[PR]
by calme-ui | 2011-08-19 00:00 | days | Comments(6)
セミアタック 2011.

f0209338_13304160.jpg





毎年、夏になると悩まされるのがセミ。

セミが賑やかに大合唱しているのは

季節感があってよいのですが‥


彼ら(セミ達)は何故ゆえに、毎年毎年

私にぶつかってくるのでしょうか?





外出するたび、庭を通り抜けて行かなければならないのですが、

毎回、必ず!2~3匹のセミが ジージー!ビービー! と、鳴きながら

私の至近距離を飛び去っていきます。


これが毎年の恐怖。

ビビリーな私は、本当に怖くて怖くてしかたがないのです。



そんなセミ嫌いな私に、更なる恐怖がやってきたのです。



今日の昼過ぎ、ベランダに出ようとドアを開けた瞬間!

ジージー!ビービー! と、逃げ惑うセミの鳴き声と共に

私の顔の近くをバサバサっと横切ったセミの残像。



私が部屋から出たということは、当然、ドアは全開に開いているわけで、、


「エッ!?まさか、セミが部屋の中に侵入?」


でも、部屋全体を見渡してみてもセミはいない。


「という事は‥まだ、入口付近に潜伏?」


全身の血の気が引き、恐る恐るレースのカーテンを揺らしてみると

ジージー!ビービー! と、けたたましい鳴き声で

私に突進してくる 半狂乱のセミ。

相手が半狂乱なら、私もつられて半狂乱になるのは自然の流れ。



ジィージィー!ビィービィー! (セミ)

ギャー!ギョー!ビョー!ウォー! (私)

私の奇声に、きっとご近所の方はビックリされたことでしょう。



しばらくすると、セミの鳴き声が聞こえなくなり‥と、同時に

私の右脇の中のモゾモゾ感に気付きました。


信じられない事に、

私は脇の下でセミをキャッチしていたのです‥
(こーゆー時に限って、ノースリーブ。あああ‥)



より一層、半狂乱になる セミと私。

恐怖のあまり、ますます私の脇はギュギューーーっと絞まり

セミが抜け出せないという 悪・循・環



この間、約数十秒だったと思うのですが、ふと我に返った時は

ベランダで羽を半分広げ、横たわるセミのお姿。

そして、全身汗だくの私。



えぇ‥ 私はこの脇の下でセミを 半殺し 気絶させてしまいました‥

ああああ‥セミさん、神様、ごめんなさい‥




しばらく放心状態でセミを見ていると、ヨレヨレしながらも

ちゃんと飛び去っていきました。あ~ヨカッタよ~。



f0209338_15393932.jpg















そんな悪夢のような出来事があったことなど つゆ知らず、

網戸越しにのんびりセミの裏側を眺める もずく嬢。


私は、セミが半狂乱になって脇の中で暴れた感触は
一生忘れることはないでしょう‥

[PR]
by calme-ui | 2011-08-17 00:00 | days | Comments(2)
もずくの宝物.

急にドサーっと雨が降ったり

かと思えば、カーッと気温が上がったり。

真夏のお天気は忙しいです。



ここ数日の気温の上昇で、家の中にこもりがち。

もずくは、外に出られないストレスからなのか

家の中を猛ダッシュしたり、手足の先を舐めたり。

ストレスがたまっているのがわかります。


こんな時

久しぶりに出してきました カミカミくん。
(正確には、馬のアキレス腱を乾燥させたもの)

もずくは、このカミカミくんが大好き

それはもうずーっと、カミカミカミカミ・・・カミカミカミ・・・

いいストレス解消になるようです。


でも、

ワンちゃんを飼っている方ならご存知の通り、

い・つ・か 飽きる時がくるのです。


ここで初めて「犬の本能」が現れるようで

誰かに見つかるまいと 隠す!

いったんは隠したものの、ここはマズイ‥と思って

別の場所にまた 隠す!


それを繰り返した結果、もずくが選んだ隠し場所は



f0209338_1643226.jpg 






















ソファの背もたれの上。

えっ?そこ?


本人は必死で隠したつもりでも、

f0209338_1655257.jpg














手で穴を掘り(実際には掘れてない‥)
 鼻で見えない土(?)をかけている様子。



バレバレですよ~


f0209338_16261450.jpg
















その後もカミカミくんの監視は続き、見張っています。


そんなベタベタしたもの、誰も盗りゃしないよ~‥と思うのですが

もずくにとっては 大切な宝物。


カミカミくんを監視 私を監視 カミカミくんを監視 私を‥を

ずーっとくり返しています。


そんなに私が信用できないのか?



とはいえ、隠した宝の在り処はソファの背もたれの上。

ソファに座ると、ちょうど私の頭の位置に来る高さです。


うっかり忘れてその位置に座ったら、髪の毛にべっとり

そして もずくは「私に盗られたー!」とパニックになる事、間違いナシ。



f0209338_16533710.jpg






















できればこっそり別の場所に移動したい。

でも、こんなに疑いのまなざしで見られていたら

移動するのは至難の業。


ここに もずくの宝物がある限り、座るのはあきらめましょう。
[PR]
by calme-ui | 2011-08-07 00:00 | dogs | Comments(6)
我が家の主?

注意:爬虫類の苦手な方はスルーしてくださいね。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


おとといの夜、我が家の塀にへばりつくヤモリを発見!


つい先日、お友達と「最近、ヤモリって見かけなくなったね~」なんて

話をしていた矢先の出来事です。

15年ほど前までは、夜になると玄関灯近くの外壁にへばりつく姿を

よく見かけていましたが、その後はパッタリ。



旦那君がそばにいたので

「ねっ!ねっ!ヤモリ、ヤモリ!」と、やや興奮気味に伝えると、

「早く!カメラ!カメラ!」と、私以上に興奮する旦那。

急いで家の中からカメラを持ってきて、ヤモリを撮影することに。


カメラの電源をオン!


「あっ・・・。」


ファインダーを覗いた私の目には、はるか遠ーいヤモリの姿。

そう、、私の一眼レフは常に単焦点レンズ。ズーム機能なし。

アップを撮るためには、自分からヤモリに近づかなければいけません。


「もっと近づけ!もっと近づけ!」と、あおる旦那。


私は、いつこちらに飛んでくるかわからないヤモリを目の前に

どの位の距離まで近づいたのか定かではありませんが、


撮った写真がこれ。




f0209338_1551090.jpg
















撮った画像をその場で確認してみたら、写真が暗い。

「あ~、なんか暗くてよくわかんないや~」の言葉に反応した旦那君は、

その日、買ったばかりのLED懐中電灯の光をヤモリ周辺の壁にあてる。



その瞬間、ヤモリの表情が一変!



f0209338_1632527.jpg
















ヤモリの眼球が キャッツアイ にーーー!

(この写真はトリミングしてあります。
 ご希望の方はクリックすると大きくなるよ)



おおおお‥ コワイ、コワすぎるではないですか‥



でも、ヤモリはその家を守る生き物と言われているので(ホントか?)

そ~っとその場を立ち去ることに。


ヤモリさん、驚かせてゴメンよ~。





その翌日(昨日の夕方)、

またまたこれを超える出来事発生!



外出するため、一足先に玄関を出た旦那君が

ただ事ではない形相で、私を呼んでます。


「早く!カメラ!カメラー!!」


私は「またヤモリですかぁ~?」と思いながら

今度は小さなコンデジを手に持ち、家の前の道路を見ると‥



エエーー!? エエエエーーーーッ!!!!!?????



ウソでしょ‥?



身構える私を、またもやラッパ吹きの旦那君は


「早く撮れ!早く撮れ!」と、指令を出す あおる。


カメラを持つ手を震わせ、勇気を振り絞って撮ったのが、


こちら。




f0209338_16432573.jpg

















見ておわかりの通り、ヘビ でございます。



これが、かなり長くて大きい。

頭の先から尻尾まで、たぶん1.5mくらいはあると思います。



我が家側から、お向かいのお宅へ移動中の姿を目撃した旦那君。

私が見た時には、もうこの状態でお向かいの塀を上昇中でした。


「もっと近く!もっと近く寄れ!」と、より一層あおる旦那。


もっと近くと言われても、昨夜の小さなヤモリとは、わけが違います。




「そんなに言うなら自分で撮れば?」と、半ばキレ気味の私に変わって

「よし!」と、威勢よくカメラを手にした旦那君が撮った写真が、


こちら。



f0209338_1703263.jpg















f0209338_1704376.jpg

















ビビりすぎです。





今日、区役所の方に問い合わせてみたところ

どこかで飼われていたヘビが脱げ出してしまったという届け出はなく、

色、柄、大きさなどから、たぶんその土地に住んでいる

アオダイショウではないか?との事。


こんなコンクリートだらけの住宅街のド真ん中にアオダイショウ??



いったいどうしちゃったの?アオダイショウさん。

あっ、それから忘れてはいけないヤモリさん。



土の中で何かが起こっているのでしょうか‥

ここのところ、頻繁に地震が起こっているからなぁ~。
[PR]
by calme-ui | 2011-08-03 00:00 | days | Comments(8)
変わり種.

週に2日ほど行く、ご近所のパン屋さん。

フレンチ風の店構えで、こじゃれた感じのパンが並び

メニューも豊富。




f0209338_829554.jpg















日によってハード系のパンだったり甘いパンだったり。

あれこれ選ぶ時間も楽しい




いつものようにトレイを手に持ち、パンを選んでいると


ナニカ・・視線を感じる。



私に熱いビームを送っていたのは、、、


ん? なんかのキャラクター?

なんだろ?なんだろ?と凝視してみると

オオクワガタパンって書いてあります。



「ぷ オオクワガタパンだって」と微笑ましくなり

思わず手に取り、お買い上げ~。



レジでお会計をしていたら、奥からお店の方が出てきて

「クワガタに見えますか?へへ」と遠慮がちに聞いてくるので

もちろん答えは ハイ!見えますっ!




お店の方は、私がオオクワガタパンの前で立ち止まり、

しばらく考え、手に取り、トレイにのせるまでの全プロセスを

お店の奥からこっそりとハラハラしながらずっと見ていたのでしょうね。


このオオクワガタパンは、何日もかけ試行錯誤しながら

お店にデビューしたのでしょう。(たぶん夏限定)




そしてこちらが オオクワガタパン。



f0209338_944741.jpg























何度も言いますが、オオクワガタパン です!
[PR]
by calme-ui | 2011-08-02 00:00 | foods | Comments(4)