by calme-ui
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:days( 148 )
入院.


f0209338_15142597.jpg




1月末に10日間ほど入院。

先日、無事退院してきました。



入院中の心配は、なんと言っても愛犬『もずく』の事。



実家に帰省する時も、旅行に行く時も、いつも一緒だったので

私の留守中に鳴き叫びはしないかと、心中穏やかでいられませんでした。

ましてや頼みの旦那君も、11日間の入院生活後半の数日間は

北海道ヘロング出張!(退院した日も、まだ北海道から帰っておらず...)



私と旦那君の留守中、もずくのお世話は旦那君の両親にお願いしました。



寂しがり屋のもずくの事なので、きっと毎日鳴き叫んでいたのかと思いきや、

私が入院した日と、その翌日の2日間だけ鳴いただけで

あとはケロッとしていたそうです。ヨカッタよ~♪





さて、私のこと。



今回の入院は手術を伴うものでしたので、家族はもちろん、

お友達にも、大変心配をかけてしましました。


でも、みんなから応援してもらい、励ましてもらって

なんとか無事に『シャバ』に戻ってきました!




f0209338_161077.jpg



入院中は毎朝、1日で最も美しい時間帯ともいわれている

空がグラデーション色に染まる マジックアワーを眺めながらの起床。







f0209338_1612478.jpg



う~ん、、どうかな~?と思っていた病院の食事でしたが、

とても美味しくてビックリ!

(写真の『エシレ』のクロワッサンは、義姉さんからの差し入れです



朝食は、だいたい朝7時半に食べ終わり、

食後は病棟内にある、フリードリンクで
(温かいお茶・お湯と、冷たいお茶・お水が選べます

温かい飲み物をいただく。



しばらくすると「おはようございまーす!どうですか~?」と

元気で優しい笑顔の看護師さんがやってきます。


そして、術後のリハビリで病棟内の廊下を歩いたり、

お茶を飲んだりしているうちに、昼食の時間。



昼食後はシャワーを浴びて、少しのんびり。


午後のリハビリは、1Fの売店までお散歩。

あれよあれよという間に夕食。そして就寝。



毎朝同じ時刻に目が覚め、同じ時間にご飯を食べて、早めの就寝と、

とにかく考えられないほど規則正しい生活を、毎日を送っていました。









入院中、私の母がよく言っていた 『看護師さんは、人の命を預かる大変なお仕事』

という言葉を思い出しました。




f0209338_1720129.jpg




看護師さんは身体のケアだけでなく、心のケアまでしてくれる

まさに 白衣の天使


「あああ、、、そんなことまでしていただけるなんて...」と、

恐縮してしまうくらい、いたれりつくせり。



看護師さんにもそれぞれ家庭があって、お子さんがいて、

お料理を作って、お掃除やお洗濯もして、、、

日勤だけでなく、夜勤もあるので生活のリズムもバラバラ。



体調が万全でない日もあるのに、患者さんには笑顔で接しなければいけない。

患者さんの命にかかわることなので、決してミスは許されない。



どれだけの責任と重圧のもとで、お仕事をされているかと思うと、

本当に頭が下がる思いでいっぱいです。









f0209338_6254119.jpg
           11日間お世話になった病室と、術後のリハビリで何度も往復した廊下。




看護師さんだけではありません。

ほぼ毎日、病室のクリーニングに来てくださる方にも

本当に助けていただきました。



廊下ですれ違っても、必ず声をかけてくれましたし

私の話を嫌な顔ひとつせず、いつもしっかりと聞いてくれました。



看護師さんとはお仕事の内容が違いますが、

その日の患者さんの体調や心の変化をサッと読み取って、ケアしてくれます。


術後、とても不安な気持ちになった時も、その方のおかげで

嘘のように晴ればれとした気持ちになったこともありました。





『無償の愛』というのはよく聞きますが、

愛がなければ人の心と身体のケアはできません。

優しさが、こんなにも心にしみて嬉しく感じたことはありません。

世の中には、温かくて優しい方々がたくさんいるのです





入院、そして手術は少しだけつらいものがありましたが、

今まで忘れていた大切なものを、もう一度思い起こさせてもらった気がします。



感謝の気持ちを、もっともっと大切にしなければいけません。

心がとても温かく安心して退院することができたのも、みなさんの熱い支えがあったから。


もちろん!手術の前からずーっと支えてくれた家族やお友達にも、大・大感謝!


私を支えてくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。










さてさて、私の入院中、北海道のロケ先から届いた旦那君からの写真。

見た事のない光景に驚き!


f0209338_6275616.jpg

  すごい雪ー!

  防寒着も着ないで、お散歩してるーーー!

  北海道のフレンチブルちゃん、恐るべし!

[PR]
by calme-ui | 2014-02-05 00:00 | days
節分.


f0209338_18314685.jpg

                今年も鬼役は、このお方。



f0209338_18431955.jpg

                 もずくは、お多福さん。






f0209338_2328789.jpg

               ぷうさん、天国の暮らしはどうですか?
[PR]
by calme-ui | 2014-02-03 00:00 | days
NEW YEAR 2014.

f0209338_8512785.jpg


                 2014

      Best hopes and wishes for the New Year!



                 
[PR]
by calme-ui | 2014-01-04 00:00 | days
December 2013.


f0209338_1759363.jpg




     カレンダーも最後の1枚。

     あと1ヶ月で2013年も終わりです。



     いろいろな事がありすぎて

     早く時間が過ぎ去ればいいのに..と思っていた昨年とは違い

     今年はその何倍も何倍も時間の経つのが早かったー。



     毎年のことながら、12月はやりたい事がいっぱい!

     でも、やらなきゃいけない事もいっぱい。



     私はショートケーキのイチゴを最初に食べる派。

     まずは楽しい事から始めよう
[PR]
by calme-ui | 2013-12-01 00:00 | days
一息.


f0209338_10353848.jpg



          ときには何も考えず、頭をカラッポにして

          ぽぉ~っとするのもいいかもね。


          温まるわ~
[PR]
by calme-ui | 2013-11-20 00:00 | days
嬉しいサプライズ.

暑い暑い夏が過ぎ、爽やかな秋風が吹き始め、金木犀の香りが街中を漂い、

美味しい食べ物で食卓が賑わう大好きな10月。

そして10月は、私の誕生日と結婚記念日があるHAPPYな月。



誕生日には、仲良しのお友達や家族から心温まるメッセージをいただきました

みんなどうもありがとねー!



そんな嬉しい誕生日を送っている中、お花屋さんが大きな花束を届けてくれました。

送り主を見ると、MonちゃんとImoちゃん からです!



f0209338_20363958.jpg




とてもゴージャスで素敵なバラの花束に、もうビックリするやら嬉しいやらで

どうしていいのかわからず、大きな花束を抱えてしばらく部屋中をうろうろしてしまいました。



私の年齢の数だけのバラの花束。

シルクのような花びらの真っ赤なバラの中に、1本だけ白いバラが入っています。


すぐさま、Imoちゃんにお礼の電話。

1本だけ違う色の白いバラは、


「今までの人生より、さらに輝きのある1年になりますように..」


という意味があることを教えてもらい、さらに 感動ーーー!




f0209338_775761.jpg




「ギフトを贈る」というのは、気持ちを贈ること。

贈る相手の事を想い、贈るモノを考え、贈る言葉を伝える。

贈る側の気持ちがないと、相手の心に伝わりません。


あまりにも嬉しいサプライズなギフトに、Imoちゃんと結婚しちゃおうかと思っちゃったよー。

Monちゃん、Imoちゃん、いつも本当にどうもありがとう





そしてもう1つのサプライズ。


先日、「一応、結婚20周年だからね~」と行った、軽井沢旅行での出来事です。



夕食を食べていると、旦那君が何やらごそごそ、、、

テーブルの上に、ドン!と置かれた四角い箱。

「何コレ?」と、少々迷惑気味に言葉を返すと



f0209338_7273338.jpg



ラ、ライカじゃないですかぁーーーーーー!


私がずっと欲しかったライカをプレゼントしてくれるなんて、全く!全然!これっぽちも!

予想すらしていなかったので、一瞬、不整脈が起こりそうなくらいビックリしました。



結婚20年ともなると、お互い『照れ』のようなものがありましてね、

なかなか素直になれないものなんですよ。ハイ。



でもね、これを今まで狭~い家のどこに隠して、どのタイミングで車に乗せて

私に気付かれることなく、どうやってこの旅行に持ってきたのか??などなど

いろいろ思いを巡らせたら、ポロリ、ポロリ、、と、男泣き 女泣き。



「涙は女の武器」なんて言いますが、私は嘘の涙を流す女でないことを重々承知の旦那君は

顔をくしゃくしゃにして泣く私の姿を見て、とても驚いたようです。




食事の後、すぐにでも撮りたいので急いでカメラを充電。

翌日、意気揚々と撮った記念すべき写真はこちら。




f0209338_7582328.jpg



うんうん、なかなか良い感じです。



旦那君ありがと。( またもや結婚20年の照れが復活の、素直じゃない「ありがと」)

今まで使ってた リコーGRⅢ は、旦那君にあげるよー!
(これも旦那君が買ってくれたやつだけどね。)

あっ、それから、カメラ貯金はやめまーす。プ
[PR]
by calme-ui | 2013-11-03 00:00 | days
人!人!車!

軽井沢というと、原宿の竹下通り並みに混み合う、夏の旧軽井沢銀座通りや

都会の延長のような、新軽井沢の巨大ショッピングプラザ。

最近だと、中軽井沢の星野エリアなどのイメージが強いのですが、

私が軽井沢に求めるものは「静寂」と「静養」。


ですので、人で溢れかえるエリアにはほとんど足を運びません。




f0209338_14162185.jpg



今回の旅行はシーズンオフなので、人はあまりいないであろうと思っていたのですが

よく考えたら、秋の紅葉シーズン10月三連休の、ど真ん中だったのね..


甘かったー。



f0209338_1423555.jpg




高速道路の渋滞を避けるため、自宅を昼過ぎに出発。

軽井沢には夕方頃到着予定でいたのですが、碓氷軽井沢インターを下りるとまさかの大渋滞!

こんな時は長野県民の血が騒ぎ、スーパーナビゲーターに変貌します。




軽井沢駅方面に向かうメインルート県道43号線の渋滞を避け、山道、細道を進み

びっちりと動かない国道18号線を横目に、地元のタクシーを見つけその後に続き、

裏道を抜け、渋滞のストレスなく無事宿泊先に到着。




f0209338_1424320.jpg




パチパチと薪のはじける音を聞きながら味わう美味しいお料理。

オーナー夫妻の温かみのあるおもてなし。

久しぶりにゆっくりと贅沢な時間を過ごす事ができました。





f0209338_14253086.jpgf0209338_21585910.jpgf0209338_2310542.jpgf0209338_23101690.jpg

















































そして翌日、三連休最終日。



この日は長野の実家へ向かうため、民族大移動の集団とは逆方向。

とはいえ、軽井沢を離れるまでは人と車で、昨日より大渋滞です。

またまた長野県民の血が騒ぎ、地元の人に道を教えてもらい

軽井沢の裏道、地元道を駆け抜けます。



旧軽井沢の裏手から旧軽井沢銀座通りを横切り、ぐねぐねと山道を走り

途中、ビルゲイツが別荘建設中か?と、ささやかれる建物の前を通って

信濃追分から浅間サンラインを抜け、小諸方面へ。





f0209338_22215962.jpg




くっきりと晴れ渡った秋の空に浮かぶ、浅間サンラインから望む浅間山。

南軽井沢方面から見た景色とは、また違う表情を見せてくれます。





この間、まったく渋滞にはまらずストレスフリーで軽井沢脱出成功!

母のリクエストであった、おぎのやの峠の釜めしを手土産に実家へ。


今年の夏よりグッと元気になってた母の姿を見て、ひと安心しました。






f0209338_2301386.jpg




今回の旅のお土産は、たくさんの新鮮野菜と果物。

そして、小さい頃に食べたアケビ。


地元の野菜直売所のようなところで見つけた時は「懐かし~!」と思って

傷つけないよう大事に車に乗せて帰ってきましたが、よーく見ると結構グロイ・・

残念ながら、完食できず。




長野は空気も澄んでるし、食べ物も美味しい!

そしてなにより、人がみんなあったかい

あっぱれ!信州!
[PR]
by calme-ui | 2013-10-30 00:00 | days
屋根のない病院.

かつて、軽井沢を「天然のサナトリウム(療養所)」という意味で

「屋根のない病院」と呼んだ人物がいました。



今から約120年前の明治時代半ば。

軽井沢のさわやかな気候、美しい自然に感動し、最初の別荘を建てた

外国人宣教師 アレキサンダー・クロフト・ショーです。


A.C.ショーは、軽井沢最古の教会となる 軽井沢ショー記念礼拝堂を

創設した人物でもあります。



f0209338_17302264.jpg





ひとりの宣教師 A.C.ショーが、夏の別荘を建てたことに始まった軽井沢に

教会はなくてはならないものであり、いつしか軽井沢は教会文化が息づく

聖地のイメージとなったようです。





f0209338_18114868.jpgf0209338_1812212.jpg


























「建築物の品格は人間の人格の如く、その外装よりもむしろ内容にある」と語った

在日の外国人建築家 ウィリアム・メレル・ヴォーリズが手掛けた歴史的建造物には

ユニオンチャーチや軽井沢教会、軽井沢会テニスコートのクラブハウス、

軽井沢集会堂、今はなきマンロー病院(サナトリウム)などがあります。





f0209338_1832372.jpg





軽井沢のヴォーリズ建築には、「娯楽を人に求めずして、自然に求めよ」の精神が

込められているように感じます。



「自然を愛し、簡素な生活を送ること」


忘れかけてた言葉です。




この地に生きている森や林の木々や植物、動物や空気までも

とてもいいエネルギーで包まれています。




明治26年、英国留学の経験を持つ旧海軍大佐の八田裕二郎は

「一夏この高原で静養すればすぐに元気になるよ」と、外国人たちから励まされ

日本人として初めての別荘を建て、静養したそうです。




軽井沢を訪れるたび、なぜ心が洗われたような気持ちになるのか、、、

そしてこの地に心惹かれ、また訪れたくなるのか、、、


軽井沢の歴史を知ることで、少し理解できたような気がします。




今回も澱んだ心のごみを洗い流し、気持ちをリセットして山を下りました。
[PR]
by calme-ui | 2013-10-19 00:00 | days
20th Wedding Anniversary.


f0209338_7323051.jpg

               House No,1138 cafe SUZUNONE





今年で結婚20年。


この20年の間に何があったかしら?と、思い返してみましたが

特別これといって何があったわけでもなく...


気付いたら20年経ってたわね~といった感じです。




でも、一応今年は節目の年なので

先週末、旦那君と小旅行へ。




f0209338_7341667.jpg















この方も、こよなく愛した場所。
[PR]
by calme-ui | 2013-10-16 00:00 | days
The leaf of the heart.


f0209338_15543045.jpg




金木犀がいい香りですね。

金木犀が香るこの時期が1番好きです。

朝早くから日が暮れるぎりぎりの時間まで

家中の窓を開けて、天然アロマの香りを楽しんでいます。


ベランダの鉢植えの葉っぱに

自然が創り出した happiness を見つけました。

大切に育ててきたオレンジジャスミンの葉っぱがハートです
[PR]
by calme-ui | 2013-10-08 00:00 | days