by calme-ui
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
入院.


f0209338_15142597.jpg




1月末に10日間ほど入院。

先日、無事退院してきました。



入院中の心配は、なんと言っても愛犬『もずく』の事。



実家に帰省する時も、旅行に行く時も、いつも一緒だったので

私の留守中に鳴き叫びはしないかと、心中穏やかでいられませんでした。

ましてや頼みの旦那君も、11日間の入院生活後半の数日間は

北海道ヘロング出張!(退院した日も、まだ北海道から帰っておらず...)



私と旦那君の留守中、もずくのお世話は旦那君の両親にお願いしました。



寂しがり屋のもずくの事なので、きっと毎日鳴き叫んでいたのかと思いきや、

私が入院した日と、その翌日の2日間だけ鳴いただけで

あとはケロッとしていたそうです。ヨカッタよ~♪





さて、私のこと。



今回の入院は手術を伴うものでしたので、家族はもちろん、

お友達にも、大変心配をかけてしましました。


でも、みんなから応援してもらい、励ましてもらって

なんとか無事に『シャバ』に戻ってきました!




f0209338_161077.jpg



入院中は毎朝、1日で最も美しい時間帯ともいわれている

空がグラデーション色に染まる マジックアワーを眺めながらの起床。







f0209338_1612478.jpg



う~ん、、どうかな~?と思っていた病院の食事でしたが、

とても美味しくてビックリ!

(写真の『エシレ』のクロワッサンは、義姉さんからの差し入れです



朝食は、だいたい朝7時半に食べ終わり、

食後は病棟内にある、フリードリンクで
(温かいお茶・お湯と、冷たいお茶・お水が選べます

温かい飲み物をいただく。



しばらくすると「おはようございまーす!どうですか~?」と

元気で優しい笑顔の看護師さんがやってきます。


そして、術後のリハビリで病棟内の廊下を歩いたり、

お茶を飲んだりしているうちに、昼食の時間。



昼食後はシャワーを浴びて、少しのんびり。


午後のリハビリは、1Fの売店までお散歩。

あれよあれよという間に夕食。そして就寝。



毎朝同じ時刻に目が覚め、同じ時間にご飯を食べて、早めの就寝と、

とにかく考えられないほど規則正しい生活を、毎日を送っていました。









入院中、私の母がよく言っていた 『看護師さんは、人の命を預かる大変なお仕事』

という言葉を思い出しました。




f0209338_1720129.jpg




看護師さんは身体のケアだけでなく、心のケアまでしてくれる

まさに 白衣の天使


「あああ、、、そんなことまでしていただけるなんて...」と、

恐縮してしまうくらい、いたれりつくせり。



看護師さんにもそれぞれ家庭があって、お子さんがいて、

お料理を作って、お掃除やお洗濯もして、、、

日勤だけでなく、夜勤もあるので生活のリズムもバラバラ。



体調が万全でない日もあるのに、患者さんには笑顔で接しなければいけない。

患者さんの命にかかわることなので、決してミスは許されない。



どれだけの責任と重圧のもとで、お仕事をされているかと思うと、

本当に頭が下がる思いでいっぱいです。









f0209338_6254119.jpg
           11日間お世話になった病室と、術後のリハビリで何度も往復した廊下。




看護師さんだけではありません。

ほぼ毎日、病室のクリーニングに来てくださる方にも

本当に助けていただきました。



廊下ですれ違っても、必ず声をかけてくれましたし

私の話を嫌な顔ひとつせず、いつもしっかりと聞いてくれました。



看護師さんとはお仕事の内容が違いますが、

その日の患者さんの体調や心の変化をサッと読み取って、ケアしてくれます。


術後、とても不安な気持ちになった時も、その方のおかげで

嘘のように晴ればれとした気持ちになったこともありました。





『無償の愛』というのはよく聞きますが、

愛がなければ人の心と身体のケアはできません。

優しさが、こんなにも心にしみて嬉しく感じたことはありません。

世の中には、温かくて優しい方々がたくさんいるのです





入院、そして手術は少しだけつらいものがありましたが、

今まで忘れていた大切なものを、もう一度思い起こさせてもらった気がします。



感謝の気持ちを、もっともっと大切にしなければいけません。

心がとても温かく安心して退院することができたのも、みなさんの熱い支えがあったから。


もちろん!手術の前からずーっと支えてくれた家族やお友達にも、大・大感謝!


私を支えてくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。










さてさて、私の入院中、北海道のロケ先から届いた旦那君からの写真。

見た事のない光景に驚き!


f0209338_6275616.jpg

  すごい雪ー!

  防寒着も着ないで、お散歩してるーーー!

  北海道のフレンチブルちゃん、恐るべし!

[PR]
by calme-ui | 2014-02-05 00:00 | days | Comments(6)
Commented by imola at 2014-02-09 21:00 x
退院おめでとうございます!
春にはもずちゃん&兄貴も一緒にお逢いできる事を願っています☻
リハビリも大切ですが ゆっくりと休養してください
Commented by calme-ui at 2014-02-09 22:00
> dear, Imoちゃん*

Imoちゃん、どうもありがとう!
昨日、お腹いっぱいご飯を食べたら、
おへそが痛くなりました。
今日はリハビリ♪リハビリ♪と思って雪かきをしたら、
お腹が痛くなりました。
う~ん、まだ無理はできないようです...
(でも、J氏は「動け!動け!」と鬼コーチのようにうるさいです!)
元気な身体で逢える日を今から楽しみにしてるよー♥
Commented by bun at 2014-02-10 08:31 x
uiさん、『シャバ』へようこそ、おかえりなさい。
入院、手術はやはり気の滅入ること、医療技術もさることながら心のケアって大事ですよね。
それが有る無しで患者さんの回復度も全然違うと思うのです。
更に、早く治して元気になろう!そのためには何でもするわ!と云う気がuiさんは超もりもり。
リハビリもスムーズにいくはずです。
でも、あまり過激にならず、無理しないで下さいね。
もずくちゃんとのんびりお散歩が良いかもですよ。

Commented by calme-ui at 2014-02-10 09:30
> dear, bunさん*

ポカポカ暖かく、上げ膳据え膳で、私の身体をいたわってくれる
白衣の天使のいる楽園から、部屋の中なのに震えるほど寒い
『シャバ』に戻ってまいりました!

入院中つらかったのは、手術をした夜と翌日の2日間だけ。
あとの9日間は、とても楽しかったし快適でしたよ♪
たぶん、とんでもなく優しい看護師さん達と美味しい病院食、
そして病院の環境に恵まれていたからだと思います。
日に日にもりもり元気になっていますよー!
雪かきはせず、のんびり散歩にしますね♪
Commented by エルママ at 2014-02-15 20:07 x
uiさん
入院されてたんですか??(>_<)
大丈夫ですか?
私も数年前に手術&入院をしました。(同じ11日間くらいでした)
緊急手術だったのと、混乱と、色んな気持ちが交錯して、
uiさんみたいに看護婦さんたちに感謝の気持ちを持つのを忘れていたなぁ
と今になって反省・・・。
私も入院中はエルの事が心配すぎて、旦那さんに毎日写真と動画を送ってもらってました(笑)。
もずくちゃんもママが無事に帰ってきてどんなに嬉しかったでしょう!
これからまだ寒い日が続きそうですが、
どうかお身体大事になさって下さいね。
落ち着いたらまたお会いしたいです☆
Commented by calme-ui at 2014-02-16 00:45
> dear, エルママさん*

エルママさんも、あの『苦しい長い夜』を経験されたのですね...
エルママさんは緊急手術だったとのこと、、
とても不安だったことでしょうし、怖かったことでしょう..
私も緊急手術と言われたら絶対に混乱します!

手術が決まってからの約1ヶ月半の間、自分では
冷静でいたつもりでしたが、たぶん気持ちに余裕がなく
冷静でなかったかもしれません。

私の入院中、もずくは膿皮症のお薬(抗生剤)を飲んでいて
毎日カイカイの様子を診なければいけなかったので
本当に心配で心配で仕方がなかったです。
今はブツブツもカイカイも落ち着いていますよ♪

術後3週間なので、まだまだ以前と同じようにはいきませんが
ゆっくり体力を取り戻したいと思っています。
暖かくなった頃、またエルママさんとお会いできたら嬉しいです♪
<< 大雪. 節分. >>