by calme-ui
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
嬉しいサプライズ.

暑い暑い夏が過ぎ、爽やかな秋風が吹き始め、金木犀の香りが街中を漂い、

美味しい食べ物で食卓が賑わう大好きな10月。

そして10月は、私の誕生日と結婚記念日があるHAPPYな月。



誕生日には、仲良しのお友達や家族から心温まるメッセージをいただきました

みんなどうもありがとねー!



そんな嬉しい誕生日を送っている中、お花屋さんが大きな花束を届けてくれました。

送り主を見ると、MonちゃんとImoちゃん からです!



f0209338_20363958.jpg




とてもゴージャスで素敵なバラの花束に、もうビックリするやら嬉しいやらで

どうしていいのかわからず、大きな花束を抱えてしばらく部屋中をうろうろしてしまいました。



私の年齢の数だけのバラの花束。

シルクのような花びらの真っ赤なバラの中に、1本だけ白いバラが入っています。


すぐさま、Imoちゃんにお礼の電話。

1本だけ違う色の白いバラは、


「今までの人生より、さらに輝きのある1年になりますように..」


という意味があることを教えてもらい、さらに 感動ーーー!




f0209338_775761.jpg




「ギフトを贈る」というのは、気持ちを贈ること。

贈る相手の事を想い、贈るモノを考え、贈る言葉を伝える。

贈る側の気持ちがないと、相手の心に伝わりません。


あまりにも嬉しいサプライズなギフトに、Imoちゃんと結婚しちゃおうかと思っちゃったよー。

Monちゃん、Imoちゃん、いつも本当にどうもありがとう





そしてもう1つのサプライズ。


先日、「一応、結婚20周年だからね~」と行った、軽井沢旅行での出来事です。



夕食を食べていると、旦那君が何やらごそごそ、、、

テーブルの上に、ドン!と置かれた四角い箱。

「何コレ?」と、少々迷惑気味に言葉を返すと



f0209338_7273338.jpg



ラ、ライカじゃないですかぁーーーーーー!


私がずっと欲しかったライカをプレゼントしてくれるなんて、全く!全然!これっぽちも!

予想すらしていなかったので、一瞬、不整脈が起こりそうなくらいビックリしました。



結婚20年ともなると、お互い『照れ』のようなものがありましてね、

なかなか素直になれないものなんですよ。ハイ。



でもね、これを今まで狭~い家のどこに隠して、どのタイミングで車に乗せて

私に気付かれることなく、どうやってこの旅行に持ってきたのか??などなど

いろいろ思いを巡らせたら、ポロリ、ポロリ、、と、男泣き 女泣き。



「涙は女の武器」なんて言いますが、私は嘘の涙を流す女でないことを重々承知の旦那君は

顔をくしゃくしゃにして泣く私の姿を見て、とても驚いたようです。




食事の後、すぐにでも撮りたいので急いでカメラを充電。

翌日、意気揚々と撮った記念すべき写真はこちら。




f0209338_7582328.jpg



うんうん、なかなか良い感じです。



旦那君ありがと。( またもや結婚20年の照れが復活の、素直じゃない「ありがと」)

今まで使ってた リコーGRⅢ は、旦那君にあげるよー!
(これも旦那君が買ってくれたやつだけどね。)

あっ、それから、カメラ貯金はやめまーす。プ
[PR]
by calme-ui | 2013-11-03 00:00 | days
<< Tokyo Griffon S... 人!人!車! >>