by calme-ui
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
山の桜.

今年の桜は、開花してから気温の低い日が続いたこともあって

いつもの年より長く綺麗な花を楽しむ事ができました。




桜は庶民の春の娯楽。



桜の咲くこの時期は、毎年お決まりの近所の山の桜を見に行きます。




桜は夏には緑の葉を茂らせ、秋には紅葉し、そして冬になると落葉して

細々とした枝だけになり、寒く長く厳しい冬をじっと耐え、

やっとやっとこの時期を迎えます。




山の桜は、鑑賞用に植樹された街の桜と違い、

たくさんの木々の合間に1本だけという場合が多くて

春の始めのほんの短い間だけ「私はここにいますよ!」と

主張するたくましさを感じます。




山の桜には、鮮やかなピンク色の提灯行列も、ライトアップも

たくさんのブルーの敷物もありません。



木々たちに囲まれながらも、静かに咲き誇る姿に心打たれます。





f0209338_1722879.jpg





















今回、もずくはお留守番でした。


f0209338_18275210.jpg














ふて寝です。
[PR]
by calme-ui | 2013-03-31 00:00 | days | Comments(0)
<< Easter. 春うらら. >>