by calme-ui
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
もうすぐ一周忌.

ぷうが天国に旅立ってから、もうすぐ1年が経ちます。



この1年、泣きたい時は泣き、笑いたい時は笑い、

自分の気持ちに逆らわず、自然の流れに身を任せて

過ごしてきました。




f0209338_1730275.jpg

















当初は、ぷうがいつもお昼寝していたお気に入りの場所や、

病院へ連れて行く時に使っていたキャリー、リード、首輪などを

見るのがつらくて、目をそらしてばかりいました。

もちろん、ぷうが写っている写真も、、




1ヶ月経ち、3ヵ月経ち、半年が過ぎた頃、

ぷうの写真を見て、ようやくニッコリと微笑むようになりました。




f0209338_17303185.jpg






























先日、旦那君が若かりし頃の(たぶん5歳くらいかな?)

ぷうのムービーを見せてくれました。

テレビ画面に映し出された ぷうは、とにかく元気!

部屋中を走り回り、タオルをブンブン振り回して遊んでいます。




ムービーは写真と違い、リアルにその時の時間に戻ります。

半年前だったら、きっと見ることができなかったと思います。




f0209338_17305164.jpg


























「そうそう!ぷうはよくこんな風に走ってたね~。」なんて言いながら

懐かしく見ることができたという事は、悲しみが癒えてきた証拠なのかな。







その日の夜、ぷうの夢を見ました。

夢の中でしたが、どっしりとした固太りのカラダに、ゴワゴワした毛、

ぷうのニオイ、ブヒィ~という声、そして、その夢を見るまですっかり忘れていた

首元の小さなイボまで、はっきりとこの手で感じる事ができました。





f0209338_17312135.jpg




















来月、2月3日。

もうすぐ喪が明けます。
[PR]
by calme-ui | 2013-01-30 00:00 | dogs
<< もずく、眼医者へ行く! 春を待つ、雪を待つ? >>