by calme-ui
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
田舎時間.
私が8才から18才までの10年間を過ごした、北信濃。

今も両親が家を守り、暮らしています。



田舎は、静かに時間が流れていきます。



空が広く、高く、360度どこを見渡しても 山、山、山。

聞こえてくるのは鳥の声と、町の有線放送(フフ♪)

「どこどこで熊が目撃されたので、ご注意を!」なんていう

ビックリな放送があってビクビクしたり、

大きな蜘蛛が 夕方になると懸命に巣を作り始めたり、

大自然バンザイです。




暮らしていた頃は気付かなかったことも、

この年齢になると、いろいろな事に気付かされます。





f0209338_19474832.jpg



























真っ直ぐに伸びる2本のレール。


家から歩いて数分の場所にあるこの風景は

昔からずっと変わらず、今でも残っています。 








f0209338_20103094.jpg




























そして、採れたて野菜と果物の宝庫!

ナス、ピーマン、トマト、キュウリ、じゃがいも、とうもろこし。

キュウリは「河童じゃないんだからこんなに食べられないよぉ~」と

言いたいくらい、どっさりとご近所さんからいただきます。



実家から車で数分走った所に、地元野菜が買える『道の駅』のような

お店があるのですが、見たことのない野菜や果物が置いてあるので

めずらしくて、ついつい買ってしまいます。







f0209338_20255939.jpg




























実家にいる間、近所の畑で野菜の収穫も体験しました。

自分の手で収穫したトマトやキュウリ(またキュウリ!)は

なぜか愛おしく、全部食べてやれー!という気持ちにさせられます。


収穫しただけで こんな気持ちになるということは、

種や苗から時間と愛情を込めて育てた農家の方は

それはもう我が子のように大切で愛おしいことでしょう。


無駄にはできません。






そんな大自然を目の当たりにした生活をしていると

デジタルな物や音がノイズに感じてしまい、

この1ヶ月はほとんどテレビも観ず、音楽も聴かず、

一眼レフも、ほとんど触らずといった生活になっていました。



でも、不思議な事にそれが平気なんです。



こちらにいると、TVはつけっぱなし。パソコンもつなぎっぱなし。

ケータイも常に気になる。

雑音の中にいないと落ち着かない、、というか

なんとか情報をたくさん詰め込もうとしていたんですね。








f0209338_2115176.jpg




























空を眺める時間が増えると、こんな光景にも出会えます。


太陽の周りをぐるりと取り囲む光の輪。

日暈(ひがさ)という現象だそうです。









f0209338_20594011.jpg




























実家には、本の好きな母と姉が所有する本がたくさんのあるので

こちらからわざわざ持って行く必要がありません。


音のない静かな時間の中で、本を読む楽しみも増えました。







f0209338_21323961.jpg

















のちのちまでの語りぐさとなる事件を起こした このお嬢さんは、

この1ヶ月で何を感じたことでしょう。


カイカイが少しでも良くなればと期待していましたが、

平行線のまま、改善の気配なし。


今日もカイカイしています。
[PR]
by calme-ui | 2012-08-07 00:00 | days
<< 憧れのおヒゲ. ヴァカンス終了. >>