by calme-ui
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
横浜山手西洋館 vol.2

JR石川町駅からほど近い、山手イタリア山庭園内にある

外交官の家とブラフ18番舘。

この2ヵ所の洋館は華やかなので、いつも人で賑わっています。




f0209338_935115.jpg
8ヵ所ある西洋館の中で

外交官の家は、唯一

重要文化財の建物です。

イタリア山と呼ばれる

高台にあるため

窓からは、眺めの良い

景色を見る事ができます。






f0209338_952994.jpgf0209338_9522557.jpg





















f0209338_9531087.jpgf0209338_954232.jpg





















f0209338_955685.jpgf0209338_9561875.jpg





















f0209338_9571769.jpgf0209338_958313.jpg























今年のクリスマスディスプレイは

どこを見ても 甘~いお菓子でいっぱい!

甘いものが大好きな私には、ん~!たまらない!


気がつけば、お菓子の写真ばかり




f0209338_10123450.jpg





f0209338_10314999.jpg





外交官の家 [重要文化財]

明治43年に明治政府の外交官・内田定槌邸として
アメリカ人建築家J.M.ガーディナーの設計により
東京都渋谷区南平台に建てられたもの。
平成9年にこの地に移築され、同時に重要文化財に
指定される。建物は、木造2階建・塔屋付で
アメリカン・ヴィクトリアン様式を基本としている。






❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄




f0209338_189783.jpg
外交官の家を出て、ゆるやかな坂道を

下っていくと、白い壁とブルーグリーンの

窓枠が可愛い洋館 ブラフ18番館が

見えてきます。

靴を脱ぎ、入口を入ってすぐ左。

毎年、テーブルコーディネートが

華やかな部屋があります。






今年のディスプレイテーマは、水の帝国。

カラーはディスプレイテーマの 『 水 』 にちなんでブルーなのか

館内全体がブルーで統一されたディスプレイです。



f0209338_17244344.jpg


f0209338_2164139.jpg




この日はシニア世代のカメラ愛好者の方が多く、私の母ぐらいの年齢の方も

大きくて立派な一眼レフカメラで撮影されていました。


私もこの先20年、30年と、重いカメラで写真を撮っているのかなぁ~。




f0209338_17241074.jpgf0209338_17242446.jpg























館内は、とにかく 人でいっぱい!

みんなの「撮るぞー!」のパワーに圧倒されてしまって

なかなか前に出て撮ることができず、枚数少なめ‥
演技ではグイ!グイ!人の前に出られるのに。プ♪)





f0209338_172621.jpg




ブラフ18番舘 [横浜市認定歴史的建造物]

大正末期に建てられた外国人住宅で、
カトリック山手教会の司祭舘として
平成3年まで使用された。
平成5年にイタリア山庭園内に移築復元され、
館内では震災復興期の外国人住宅の暮らしを
再現し、当時の横浜家具を復元展示するなど
当時の暮らしを感じることができる。






❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄ ❄




f0209338_17585618.jpg
ベーリック・ホールの隣りにあり

元町公園内にある エリスマン邸。

道路をはさんだ目の前には、

築80年を超える西洋館のカフェ

えの木てい があります。










f0209338_17594678.jpgf0209338_180171.jpg























ここは毎年、大人カワイイ感じのディスプレイ。

素朴な雰囲気がとても落ち着く洋館です。




f0209338_1801860.jpg


f0209338_1803048.jpg


f0209338_1804661.jpg




エリスマン邸の中には喫茶コーナーがあるので

洋館の中に入ると、いつもコーヒーのいい香りがします。

クリスマスの賑やかな時期を外して、のんびりコーヒーを飲みに

また訪れたい場所です。




f0209338_18125.jpg





エリスマン邸[横浜市認定歴史的建造物]

日本の建築界に大きな影響を与え
「現代建築の父」と呼ばれたA.レーモンドの設計。
横浜の大きな絹糸貿易商シーベルヘグナー商会の
支配人であったエリスマン氏の私邸として
大正15年に山手127番地に建築された。
現在の元町公園に平成2年に移築復元される。






*各洋館の説明は、財団法人 横浜市緑の協会の
 山手西洋館マップを参考にさせていただました。

[PR]
by calme-ui | 2010-12-20 00:00 | days | Comments(4)
Commented by Imola-style at 2010-12-21 23:05
みんなステキなお写真ばかりで行ってみたーーーい♪

ティーポットの形のクッキーって
食べモノには珍しいティファニーブルーカラーですね(^^)
Commented at 2010-12-22 10:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by calme-ui at 2010-12-22 10:13
> dear, Imoちゃん*

私が撮った写真ではうまく伝わらないので ぜひ行ってほしーい!

ブルーのアイシングクッキーは洋館の雰囲気に合っていて
おいしそう!というより綺麗でした♥
Commented by calme-ui at 2010-12-22 11:33
> dear, 鍵コメさま*

コメントありがとうございます!
詳しい内容は 後程メールさせていただきま~す♪
<< 015* 横浜山手西洋館 vol.1 >>