by calme-ui
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
遺伝子検体の提供.

我が家の もずくは

ベルジアン・グリフォン という犬種です。



日本では まだ頭数が少なく、

ジャパンケネルクラブ (click!)

昨年度に登録されているのは、わずか 42 頭。


同じ母親から産まれる、茶色の ブリュッセル・グリフォン

毛の短い プチ・プラバンソン と合わせても、

合計 376 頭。


ちなみに、大人気のプードルは 90,881 頭で

ざっくり計算すると、なんとグリフォンの 240 倍!



すんごいね~




どの犬種にも言えることのようですが、

残念なことに、中には遺伝性疾患を持って

産まれてきてしまう仔犬がいるようで

その原因を検査するためには

『 犬の遺伝子検査 』 という方法があるそうです。



でもグリフォンは稀少犬種のため、まだデータが少なく

今の段階では 遺伝子検査を受けることができないそうです。

( 詳しくは、グリフォンのブリーダーをされている

ホーリーラブのデジコさんのブログ (click!)

書かれています! )




仔犬へ伝わる遺伝病を減らすために!

これから産まれてくる 可愛いグリフォン達のために!


今回、 バイオス医化学研究所 (click!)

もずくの遺伝子検体を提供することにしました。




難しそうに思えますが、採取の仕方をネットで

見てみると、口の中をチョイチョイっとするだけ。

とってもカンタンそうです!


もずくはいつも、歯ブラシで歯みがきをしてるので

そんなことは 朝メシ前です



f0209338_952497.jpg















検体が ごっそり付いていると思われる(?)

この歯ブラシも一緒に提出したい気分。




f0209338_954437.jpg















今日あたり、検体採取キットが届くようです
[PR]
by calme-ui | 2010-09-09 00:00 | dogs
<< 遺伝子検体 採取! 仕事見学. >>